さらば、おっぱい。
産まれて2時間後、すぐに転院となってしまった娘。 
写真を撮るために一瞬だけ抱かせてもらった後、 
実際に再び娘を胸に抱けたのは2ヵ月半後、 
そして直接おっぱいをあげる許可が出たのは退院前日。 
出産後、およそ3ヵ月経っていた。 

毎日搾乳して母乳を持っていってはいたものの、 
看護士さんからニップルコンフュージョンを心配され、 
もし直接飲まなくても仕方が無いから気にしない様にと言われ、 
ドキドキしながら初めておっぱいをあげた。 
そして娘は奇跡的に飲んでくれたのだった。 

最近は手術に備え病院と同じスケジュールにする為に、 
まだカミカミが上手に出来ないものの、離乳食を3回食に進め、 
深夜と離乳食の間のおやつ時にしか飲んでくれなくなっていた。 
(しかもおっぱいを出すと、ミルクが用意されているか 
きちんと確認しないと飲んでくれず、まるで前菜扱い(^▽^;)) 

そしてとうとう昨晩、おっぱいを口に含んだ途端、全身で拒否。 
もうおっぱいはいいみたい。 

搾乳機が合わず、気づけば毎日母乳を手搾り。 
出産前に夢見たのとは違う形で始まった私と娘のおっぱい生活。 

何故か退院後にニップルコンフュージョンに陥って 
おっぱいを出しただけで娘が泣いてしまったり、 
東京に戻って軽い乳腺炎と思われる症状に悩まされた事もあった。 
それでも、それほど出の良くないおっぱいを、 
娘が飲んでくれる時のなんとも無防備な表情。 

本当にありがとう。 

これも成長かな…。 
嬉しいけれど、ちょっぴり寂しい母でした。

カテゴリ:アルテイシアの成長記 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
夢の中へ。
それよりボクと 踊りませんか?
うふふ〜♪

カテゴリ:DOMとアルテイシア | 22:03 | comments(4) | trackbacks(0) | -
前夜。
明日はDOMの4歳のお誕生日。

昨年の4月末に出産の為里帰りをし、
そして生まれた娘に心疾患があり、入院・手術と、
我が家にとっては激動の1年となりました。

DOMにとっても、環境が変わったり、家族が増えたり、
変化の多い1年となりました。
甘えん坊のDOMにとって、時には辛い事もあったのかもしれません。

DOM、待っていてね。
アルテイシアがもう少し大きくなったら、
きっとDOMの事、いっぱいいっぱい可愛がってくれるよ。

毎年のお約束、お誕生日前夜なので、
そんなDOMのお兄ちゃんとしての成長もみられる(!?)
1年を振り返ってみたいと思います。

今家族全員が元気に過ごせている事を感謝しつつ。

記録的猛暑の群馬県で兄となった6月。

記録的猛暑の群馬県でSEDOMに燃えた7月。

DOMの活躍(!?)で実家のカーテンの綻びが目立ち始めた8月。

アルテイシア退院で妹と初対面を果たした9月。

アルテイシアの存在に少しずつ慣れたきた10月。

やっとこ東京に戻り、家族4人での生活をスタートした11月。

小顔のDOMに比べアルテイシアの大顔が目立ち始めた12月。

アルテイシアがお顔ばかりか態度も大きくなり、将来を憂いた1月。

アルテイシアの離乳食のお裾分けでDOMが巨大化してしまった2月。

アルテイシアの検査入院でお留守番を頑張った3月。

ベビーカーと一緒のお散歩がすっかり定番となった4月。

今年も熱い視線を送ったのに、柏餅は貰えなかった5月。

明日にはもう会えない3歳のDOMへ。
他ならぬ、小さくて黒くて温かいあなたの存在に、
今年、どれだけ支えられたか解りません。
いつも側にいてくれてありがとう。

明日には会える4歳のDOMへ。
これからもよろしくね。

そして3歳のDOMに関わって頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
4歳になるDOM共々これからも宜しくお願い致します。
カテゴリ:DOMと記念日 | 00:00 | comments(10) | trackbacks(0) | -
レギンスマン。
最近、休日になると我が家にはヒーローが現れます。


レギンスマンです。

相変わらずユニクロのレギンスを愛用している夫が、
「暑いから」という理由でGパンを重ね着せずに、
上はTシャツ、下はレギンスという姿で家中をうろうろしているのです。

子供達(アルテイシア&DOM)の反応はというと、


夫がポーズをとろうが、至って冷静沈着で、
なんとも華麗にスルーされております。


と、思いきや…。


スルーどころか利用されているかもしれません。

レギンスマン姿で庭の草むしりをし、
「お隣りさんに見られてしまった!」と、
少々落ち込んでいた日もありましたが、
凝りもせずにきっと今日も現れるのでしょう。

レギンスマンに幸あれ!
カテゴリ:夫の日常 | 06:23 | comments(8) | trackbacks(0) | -
いよいよ。
今日、外来で1ヵ月前に行ったカテーテル検査の 
結果詳細を聞いて来ました。 
根治手術を行えると判断して頂けた様で、 
入院及び手術の申込をして来ました。 
計画停電等で影響が出なければ、 
多分6月初旬に手術が出来るだろうとの事。 

いよいよです。 

1番最初に行ったシャント手術では、 
カテーテル検査を行わずに、 
エコーのみで手術に踏み切る形だった為、 
開胸してから動脈の走行異常等が解り、 
何も処置できずにそのまま閉じる事態になってしまい、 
これでもかという位、泣いた事もありました。 

今度は、根治手術。 

具体的で無い故の不安から、ほんの少し開放され、 
具体的になった事で生じた、希望と心配で、 
今は胸がいっぱいです。 

今まで幾度も驚かされたアルテイシアの生命力を信じて、 
手術までの日常、大切に過ごしたいと思います。
カテゴリ:アルテイシアの闘病記 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
<< | 5/86PAGES | >>