<< 上井草がどーしたこーした。其の2 | main | 歌いだす夫と他人の振りをする私。 >>
弾むはうきうき、躍るはわくわく。
心が…
ー弾む
 喜びや楽しい期待のために、心がうきうきする。
ー躍る
 喜びや楽しい期待のために、心がわくわくする。
                  (大辞泉参照)
--------------------
弾むはうきうき、躍るはわくわく。
うきうきと、わくわくの違いらしい。


さて、話は変わって、
本日の私のうきうき、わくわくは、
以下の様な感じである。

最近、どうも電話が苦手である。
特に親しい人は別として、
何をどう喋って良いものか、
選んだ言葉が適切だったかどうか、
すぐに思い悩んでしまう節がある。

昔は全く気にならなかった事なのだが、
どうも対人関係に於いて、
年々神経質になっている嫌いがある。

今日、久しぶりに長電話をした。
どうしてか、私が唯一長電話になってしまう相手。

今日の夕ご飯の事とか、最近のDOMの事を報告しつつ、
最近の体調やら、仕事やら、恋やら、現況を教えてもらい、
普通に、自然に、ごくごく当たり前の様に、
気がつけば長電話になっているのだ。


そうそう、先日家に遊びに来てくれた、
学校で知り合った友人から頂いた種が、
今日、芽を出した。


最後にうきうきとわくわくの違いは
こんな感じである。
--------------------
うきうき
 スル楽しさで心がはずむさま。
 うれしさのあまり落ち着いていられないさま。
わくわく
 スル期待または心配などで、心が落ち着かず胸が騒ぐさま。
 どきどき。
                  (大辞泉参照)
カテゴリ:徒然 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keika.k2maru.com/trackback/906648
トラックバック