<< ガ…なんとかEXPO東京2008につきあわされるの巻 | main | 夫の企み >>
カレーの王子様
以前にも書いたが、私は結婚してから毎週末カレーライスを作っている。

夫曰く、
「俺にとってのカレーはホワイトベースにとっての塩」なので、
定期的に補給しなくちゃいけないらしいのだ。

なんじゃその理由は?と、内心つっこみつつも、
気づけば律儀に毎週末カレーを作っている自分が居る。

そんな夫から先週めずらしく、
「たまにはカレーじゃなくてもいい」とのお許しが出たので、
ハヤシライスを作ってみた。

これが意外にも夫に大好評。

なので、さりげなく夫に提言してみた。
「ハヤシライスとカレーライス毎週交互にしてみる?」

すると
「いや『たまに』だから美味しいんだよ。
 だってカレーライスだよ?」と、即答。

夫の頭の中では「カレー>ハヤシ」の法則は当然の事らしい。
私はカレーよりハヤシライスの方が好きなんだけどな。

(正確には「インドカレー>ハヤシライス>日本風又は英風カレー」だけど…。
 ナンとかチャパティが大好きなのでラブ

ま、仕方ないとは思いつつも、ひとこと言いたくて、
「私はハヤシライスの方が好きなんだけどな…。」と
呟いてみると、夫が目を見開いてこちらを向いた。

何、その衝撃を受けてます的な態度は!?

夫「は?カレーだよ?」
私「私CoCo一でいつもハヤシ頼むじゃん…。」
夫「CoCoのカレーが好きじゃないだけだと思ってた…
  …カレーよりハヤシ?カレーより??カレーよりも!?」

夫の脳内の「カレー>ハヤシ」の法則は、
私のこんな一言じゃ簡単には覆らないらしく、
しばらくずっとぶつぶつ呟いておられました…。

夫に一言。

あなたにとってのカレーライスは
ホワイトベースにとっての塩なのかもしれないけれど、
それはね、普遍的、絶対的なものではないのだよ?
それはね、あなたの個人的嗜好だよ?

しかし、週末に私が作ったカレーライスは、幸せもんだ。
あそこまで愛されているとは(笑)
カテゴリ:夫の日常 | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keika.k2maru.com/trackback/674745
トラックバック