<< 弾むはうきうき、躍るはわくわく。 | main | い、いらね〜。 >>
歌いだす夫と他人の振りをする私。
本日は、愛犬DOMを連れて、夫と一緒に小金井公園に行ってきました。

私は一度行った事があるものの、夫は初めて。
かなり広く、芝が広がるその公園に、
自然大好きな夫は終始興奮気味でした。

桜はもう終わりかけていたけれど、
菜の花がすごく綺麗に咲いていて、本当にいい1日でした。


但し、今日という気持ちのよい休日にけちをつけるならば、
小金井公園に向かう車内での出来事。

上井草駅の発車チャイムのメロディが「機動戦士ガ…なんとか」になったのは、
夫からのメールで知ってはいたが、夫はそれを聞くのを大層楽しみにしていたらしく、
上井草駅に近づくにつれ、そわそわし始め、更には、
「音、楽しみにしているから、ちゃんと聞きたいから!」と注意を促された。
どうやら、話しかけたりしないで欲しいとの事らしい。
ま、こんなに楽しみにしているのなら、そこは夫の為に黙っていようと、
上井草駅のホームに着いてから、夫と共に耳を澄ませていた。

しかし、発車チャイムが鳴りだした、その瞬間…。

「♪きどう〜 せ〜んし〜 が〜ん〜だ〜む〜〜 がんだむっ。」

隣に座っている夫が、
普通の会話と同じ音量で歌いだした。


恥ずかしい。恥ずかしすぎるだろう、夫よ。
しかも、私にはちゃんと聞きたいから黙る様に言っておいて、
ノリノリで歌っているじゃないか。
私には夫よ。あなたの歌声の方が大きく聞こえたよ…OTL。
ま、特段聞きたかった訳ではないから、いいけどさ。

他人の目というものを、もちっと気にしようよ。

しかも「恥ずかしいから、辞めて…。」と懇願する私に、
満面の笑顔で、

「♪きどう〜 せ〜んし〜 が〜ん〜だ〜む〜〜 がんだむっ。
 プシュー(ドアが閉まるジェスチャー付き)」

やっぱり普通のボリュームの声で、反芻するのはやめてくれ…。


そして、公園からの帰り道、
すっかり育って約8kgになったDOMを
ずっとリュックで背負っていた夫は、疲れたのか爆睡。

その為に、下りとは異なる上りの発車チャイムを聞き逃したのでした。
かなり悔しがっていたが、私が起こさなかった理由はたったひとつだ。

また、車内で歌われるのを恐れたため。

夫よ。歌わないと誓えるなら、また一緒に聞きに行ってもいいよ。
歌わないなら、ね。
カテゴリ:アンチ・ガンダム | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keika.k2maru.com/trackback/539449
トラックバック