<< 夢の中へ。 | main | 4連星になりました。 >>
さらば、おっぱい。
産まれて2時間後、すぐに転院となってしまった娘。 
写真を撮るために一瞬だけ抱かせてもらった後、 
実際に再び娘を胸に抱けたのは2ヵ月半後、 
そして直接おっぱいをあげる許可が出たのは退院前日。 
出産後、およそ3ヵ月経っていた。 

毎日搾乳して母乳を持っていってはいたものの、 
看護士さんからニップルコンフュージョンを心配され、 
もし直接飲まなくても仕方が無いから気にしない様にと言われ、 
ドキドキしながら初めておっぱいをあげた。 
そして娘は奇跡的に飲んでくれたのだった。 

最近は手術に備え病院と同じスケジュールにする為に、 
まだカミカミが上手に出来ないものの、離乳食を3回食に進め、 
深夜と離乳食の間のおやつ時にしか飲んでくれなくなっていた。 
(しかもおっぱいを出すと、ミルクが用意されているか 
きちんと確認しないと飲んでくれず、まるで前菜扱い(^▽^;)) 

そしてとうとう昨晩、おっぱいを口に含んだ途端、全身で拒否。 
もうおっぱいはいいみたい。 

搾乳機が合わず、気づけば毎日母乳を手搾り。 
出産前に夢見たのとは違う形で始まった私と娘のおっぱい生活。 

何故か退院後にニップルコンフュージョンに陥って 
おっぱいを出しただけで娘が泣いてしまったり、 
東京に戻って軽い乳腺炎と思われる症状に悩まされた事もあった。 
それでも、それほど出の良くないおっぱいを、 
娘が飲んでくれる時のなんとも無防備な表情。 

本当にありがとう。 

これも成長かな…。 
嬉しいけれど、ちょっぴり寂しい母でした。

カテゴリ:アルテイシアの成長記 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keika.k2maru.com/trackback/1021091
トラックバック